スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

SRレストア?計画004 - エンジン降ろし

なかなか1日休みといったような纏まった時間が取れません。

しかし一日休みを待つばかりでは作業が一向に進まないので、仕事終わりから暗くなるまでの1時間ほどですが時間がある時にちょこちょこと作業を進めていましてエンジンまではとりあえず降ろしたのでブログ更新。

 

小さな事からコツコツと。

西川師匠はいい事いいますね。

 

エンジンハンガーのボルトは前日に全てメガネレンチ掛けてプラハンで衝撃与えて緩めといたのでスムーズにハンガーボルトも全部抜けました。

だいぶカッチカチで全然緩まなかったんですけど緩まない硬いものは殴るに限ります。

 

エンジンの降ろし方ですけど、いろんな方のブログやら動画やら見ながらやってみたんですがクリアランスが結構ギリギリですねこれ。

私は大人しくエンジンハンガー自体を外してクリアランス取って外しましたが慣れたら付けたまま出来るんでしょうか。

ハンガーは5か所あるんですが、一番上と前側とスイングアーム付近のカラーが入っている3か所のフレーム右側のハンガーを取り外しました。

そのうえでフレームの右側に立ち左手をエンジン左側ヘッド付近、右手をエンジン右側クランク下あたりの安定するところでしっかり持ってエンジンを浮かせてシリンダーを少し前に寝かす感じにすればスポッと抜けました。

降ろす所の写真があればいいのですがボッチで作業してるのにそんなの撮れるわけねぇ・・・

って事で降ろし終わった写真。

 

腰を傷めないようには気を付けてしっかり体勢を取ったんですが・・・すごい痛いです。

運動不足ですね。はい。

それと実は私この作業してた時の足元クロックスでやってましたが絶対にやめましょうね。

もし足元に落としたりしたら洒落になりませんからね。

 

 

上の写真でチラっとビールケースが写ってますがエンジン置きやら塗装の時とか作業時の机としてとか色々と使い勝手がいいかなと知り合いの酒屋さんから譲って頂きました。

丁度いい幅だしエンジンが綺麗に乗るかなと思ったのですが、良い幅過ぎてスッポリとケースの中に収まってしまったので適当に当て木してます。

エンジン触る時は落ちたらエラい事になるのでもう少し安定するように当て木の工夫しないとダメですが、これぐらい高さがあるとベンチタイプの椅子に腰掛けながら出来そうです。

 

すっかり日が落ち始めるのも早くなってきたもので17時頃には片付け始めないとガレージ内が真っ暗で見えなくなりますので今日の作業はここまで。

次で転がす為に残してる前後タイヤ、フォークと外せますので次回で解体編は終われそうです。

解体が終わればやっと各所のO/Hに入れます。

どこから手を付けるか迷いますがフレームの塗装が終わったら早めに自立させたいですしフォークからですかね。

部品の発注しとかないとな。

 

それにしても解体だけで次回入れたらパート005って完成する時のパート数はいくつになっているんでしょうか・・・

初めから3桁分用意している私も私ですが。        

長い目でまったりのんびりやって行きます。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL