スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

SRレストア?計画005 - フレームだけになりました

前回エンジンを降ろしてから中々作業を進める事ができなかったので仕事終わりの16時過ぎから暗くなるまでの17時過ぎまでの1時間程度で前後足回りを取り外す事を強行突破しました。

 

結果は予想していましたが見事予想道り・・・

 

 

ぎりぎりアウトでした。

私の技術力でそんな短時間に作業ができるはずがないのです。

現実は甘くない。

何事も自分の力量をしっかり把握する事が重要ですね。

 

 

さて作業の方ですが、フロント回りから取り掛かりました。

画像の赤丸の部分がFフォークキャップボトルになります。

FフォークをO/Hする場合はフォークをステムから外す前の固定されている段階で緩めておきます。

後でO/Hするときに固定されてないと緩めるのにとても面倒臭い事になりますからね。

 

このキャップですが17mmのヘキサとかいう他に使い道のない大きさの工具がいります。

バラす頻度もそう多くないので工具を買うのはもったいないですね。

有名な方法ですが外径17mmの高ナットで代用します。

近所のコー〇ンで88円でした。超安上がり!

 

この高ナットに17mmのレンチなりソケットなり掛ければOKですね。

O/Hの時にも出てきますがフォーク内部にもこの高ナットを使用する箇所があります。

叩いて衝撃を与えながら緩めるのでラチェットではなくメガネレンチを使用しています。

 

キャップボトルにセットした高ナットが手で緩むくらいになったらFタイヤの取り外し。

アクスルシャフトを緩めます。

結構なトルクで締まってますので足を掛けて一気に蹴り込みます。

基本ですが重要なのはジワァーとトルクを掛けるんじゃなく一気に掛ける事。

 

他の固定箇所やら全部外してなんやかんやとやって、はい。出来ました。

 

ブレーキライニングはまだ残ってるのでこのまま清掃だけしてとりあえずは再利用で行けそうです。

受け側も段付き摩耗等も見られませんしOKですね。

ベアリングは汚れてはいますがスムーズでしたのでこちらもOK。

 

ここからリアの取り外しなんですが、ちゃくちゃくと外が暗くなっていってます。

間に合わないと察した私はスピードを挙げて黙々と作業をしていたんです。

そらもう写真とか撮るのも忘れるぐらい。

最後に何とか撮った写真もブレブレっていう。

やった事はリアタイヤ外してショック外してスイングアーム外してって感じです。

 

ギリギリ間に合わなかったってのはまだステムとトップブリッジ残ってるんですよね。

まあこれはちょちょっと外せるので一応これで解体編は一段落ですかね?

次からはO/H編になっていきますが一番初めにするのはやっぱフレームの錆取りと再塗装ですね。

 

塗装ですが業者に出すならいっその事赤色とかにしてやろうかとも思ったのですが、カスタムの幅を持たせるならやっぱ黒ですかねー。

フレーム後ろ側のブッタ切りになっている所もシートに合わせてループ加工したいですしやりたい事だらけです。

この辺の加工も含めて塗装をして頂ける方を飲み仲間から紹介していただいたので色々と相談しながら決めていきますかね。

 

既にオークションにて多数のカスタムパーツを購入していますのでそちらもおいおいと記事にしていきます。

むふふなパーツも多く眺めてはニヤニヤしながらビールを飲むのが最近の日課になりつつあります。

パーツを眺めながらそれらが組み込まれた姿を想像しそれを肴に酒を飲む。

あぁ、なんて幸せなんでしょう。

 

 

そしてどんどん増えるSRパーツ。消えていくお金。遠のく免許・・・

オークションのご利用は計画的に!

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL